「根源を問い革新を生む国際的科学技術人材育成挑戦プログラム(ROOTプログラム)」は、科学の分野で強い好奇心・探求心を持った高校生等が、将来国際的に活躍できる科学者や技術者を目指して大きく成長してゆくための教育プログラムです。 物事を深く掘り下げて考え、自ら取り組むべき課題をたてて探究してゆく力を育むことを重視します。プログラムには、科学の幅広い分野の講義や実習、大学の研究者等の指導のもとで、自分なりの「問い」を立て、研究に挑戦する科学力を高める取り組みのほか、海外研修を含む国際コミュニケーション力を身につけることを目的とした取り組みなどが含まれます。

ROOTプログラムは、国立研究開発法人科学技術振興機構の次世代人材育成事業の一環である「グローバルサイエンスキャンパス」の企画として支援を受け、実施されています(企画名「根源を問い革新を生む国際的科学技術人材育成挑戦プログラム」:支援期間は2017年度から2020年度)。神戸大学が実施機関となり、兵庫県立大学、関西学院大学、甲南大学との共同で運営されています。また、兵庫県に位置する国際的研究機関等と連携しています。

ROOTプログラム

神戸大学
神戸大学
神戸大学

ROOTとは

“ROOT”とは、Research-Oriented On-site Training Programの頭文字を抜き出したものです。
使用されているロゴマークには、物事を深く掘り下げ根付く(ROOT)、見えているものに対する多面的なアプローチを表現しています。

神戸大学
関西学院大学
兵庫大学
甲南大学